【原因&対処法】PHPを更新したらブログが真っ白!古いプラグインのせい

目安時間:約 10分

ここ数日、複数のブログのテーマ変更

PHP更新(バージョン切替)と格闘してたのですが

 

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in…

 

ブログ上に謎のエラー表示が出たり

ワードプレスの管理画面が真っ白になったり

 

普通に心臓が止まりますね。

 

 

ブログ真っ白の原因をカンタンに言うと

「古いプラグインのせい」だったのですが

 

とりあえず

スグできる対処法として

 

PHP更新,ブログ真っ白,元に戻す方法

 

PHP変更後ブログが真っ白になったときは

元のバージョンに戻せばブログは復旧します。

 

PHPの作業は、ワードプレス管理画面ではなく、エックスサーバーなどのサーバーパネル(サーバー設定)にて行います。

慌てず落ち着いて作業しましょう。

 

 

ブログにエラー表示が出たときも同様に

ひとまずPHPのバージョンを元に戻せばエラーは消えます。

 

もし、元のPHPバージョンがわからないときは、1つずつ古いバージョンを選択変更しながら、ブログが元に戻るまでチェックしてみましょう(ブログを見るときはF5キーで更新)

 

どうでしょう。戻りましたか?

 

 

ここからは

PHP更新後にエラー表示や

ブログ真っ白になる原因を

根本的に直す方法についてお話しますね!

 

 

WPテーマ変更「PHPの更新を推奨」バージョンアップ後ブログ真っ白に

そもそも今回なぜ

PHPを更新したかというと

 

WPのテーマを変更したところ

ワードプレスの管理画面(ダッシュボード)で

「PHPの更新を推奨」と警告表示が出るようになったからなんですね。

 

ワードプレス,PHPの更新を推奨

 

真っ白になったブログで使っていたPHPのバージョンは

「PHP5.6.40」など「非推奨」とされるバージョンだったのです。

 

ところが、PHP更新すると

ブログにエラー表示が出たり

ブログが真っ白になってしまう。

 

当初、新たに入れたWPテーマ自体が問題なのか

何が原因かよくわからず、色々調べたところ

技術的な難しい話も多かったのですが

 

先ほどもお話したように

PHP更新後にブログ真っ白になった原因は

(少なくとも私の環境では)

「古いプラグインのせい」だったんです。

 

 

ブログ真っ白を直すには「いらないプラグイン削除」後、プラグイン更新

特に、何年も前に作ったブログには

なんとなく入れたまま放置のプラグインがいっぱいありました。

 

ワードプレス,古いプラグイン

 

そこで、これらのプラグインの中から

確実に必要なプラグイン以外は、すべて「削除」しました。

 

使っているプラグインを削除するときは、まず「有効化」→「無効化」してから「削除」します。

 

不要なプラグインを削除&

有効化しているプラグインもすべて更新後

 

PHPをバージョンアップしたところ

ブログは正常に表示されました!

 

よかった~!!

 

古いプラグインを残すか削除するか見極め方は「プラグイン名で検索」

では、

プラグインを残すか削除するかは

どう見極めたら良いでしょう。

 

  • このプラグインが今も必要かどうかわからない
  • そもそも用途がわからないプラグイン

なんてことありますよね。

 

そんなときは

「プラグイン名でGoogle検索」してみましょう!

 

 

プラグインDB Cache Reloaded Fixは、削除

たとえば、あるブログには

「DB Cache Reloaded Fix」

というプラグインが入っていたのですが

なにを目的に入れたか記憶にない。

 

そこで検索してみたところ

DB Cache Reloaded Fix,危険

  • 「DB Cache Reloaded Fix」は危険
  • もう使わないほうが良い気がする

というタイトルが出てきました。

 

「表示速度を上げるプラグイン」のようですが

危険性がある時点でNGです。

 

「DB Cache Reloaded Fix」は削除しました。

 

 

削除したプラグイン(更新されていない、テーマと機能がかぶっている、など)

他に削除したプラグインは

  • Better WordPress Recent Comments
  • CFiltering
  • Default Thumbnail Plus
  • Hot Linked Image Cacher
  • Redirection
  • WordPress Ping Optimizer
  • SNS Count Cache

などなど。

 

誰かが「このプラグインいいよ~」と言ってたのを、節操なしに入れていた頃のものだと思います。

 

開発元でプラグインが数年更新されていない

今使っているWPテーマと機能がかぶっているなど

エラーや不具合を起こす危険性が大きい状態でした。反省

 

 

今後も使うプラグイン(自分の中で必要性が明らか)

 

逆に、残したプラグインとしては

  • Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
  • Edit Author Slug
  • Google XML Sitemaps
  • No Self Pings
  • PuSHPress
  • UpdraftPlus WordPress Backup Plugin

などなど。

 

自分の中で必要性が明らかなプラグインだけに絞りました。

 

UpdraftPlus

 

自分で判断がつかない場合は

「★の数・最終更新日・互換性の有無」でチェックしてみるのもいいでしょう。

 

 

まとめ

PHPを更新したら

ブログが真っ白orエラー表示は

「古いプラグインが原因」の可能性大!

 

ひとまず元のPHPバージョンに戻せば

ブログもWP管理画面も表示されます。

 

不要なプラグインは「無効化→削除」して

必要かつ信頼できるプラグインのみ「最新バージョンに更新」後

もう一度PHPをバージョンアップしてみてください。

 

 

おまけ。「直前の操作 + ブログ真っ白」

その昔「functions.php」のコードをいじって
ブログ真っ白にしたこともあるのですが

 

WP管理画面にも入れなくなるから、ほんと焦るんですよね。

 

なんらかの操作をした直後に
『ブログが真っ白』になってしまったときは

たいていは、カンタンに復旧できる

ということを覚えておくといいです。

 

下手にいじると修復不能になるので

まず、真っ白になった

「直前に操作したこと」を思い出し
「直前の操作内容 + ブログ真っ白」で検索してみましょう。

 

 

たとえば、今回のケースなら
「PHP更新 + ブログ真っ白 」

 

「functions.php」のコードをいじって
ブログが真っ白になったなら

「functions.php + ブログ真っ白 」

という具合です。

 

エラーや不具合の多くは

親切な誰かが記事にしています。

落ち着いて探してみましょう。


家でできる仕事の始め方

次世代起業家育成セミナー,主婦

 

 

 

もっと子どもの近くにいたい

 

『自立した私』になりたいあなたに

 

『自宅起業オンライン講座』をご紹介しています

 

 

 

 

 

ページの先頭へ