小学校の先生ママから「悲痛な声&感謝メール」が届きました。

目安時間9分

りあこの姉妹ブログ「保育園の退園を避けるには?」

 

こちらを通じてメルマガにご登録された

小学校教師(お母さん先生)から、悲痛な声&感謝メールをいただきました。

 

うちの三姉妹の上2人は、まさに小学生。

 

ママ先生が抱える辛さ・苦悩はまったく他人事とは思えず、じっくりメッセージを読ませていただき、ご返信を差し上げました。

 

以下、Mさんからのメールと、私からの返信です。

 

切実な体験談 ブラックすぎの小学校で働くママ先生より

メルマガ「保育園継続【1人起業】マニュアル」を読む前、どんなことに悩んだり不安を感じていましたか?:

長文失礼します。今、わたしは某県で小学校の先生として働いています。異動や産休育休も挟んで今年で◯年目になります。

 

今、教育現場はブラックだとよく言われています。

なりたくて付いた職なのに、日々の業務に追われ、更には子どもが生まれてからは本当に毎日大変で、辞めたいと日々思ってます。

 

わたしは幸いに部活動指導がないので土日は休めるのですが、休めるといっても

 

日々の仕事の持ち帰り

 

保護者対応(前の職場では、保護者との関係をこじらせないために24時間以内に対応しろと言われていました。)

 

家事・育児と、休む暇がない毎日です。

 

今の職場も育休明けから新しくなりました。全校◯人の極小規模校です。よって職員の数もほかの学校と比べて少なく、一人一人の仕事量が半端なく多いのです。

 

そして職員も子育てに理解のある人ばかりではありません。

 

校長・教頭も気を使っているお局が1人おり、そのお局から、わたしが子どもが発熱で休まなければならない・子どもの健診で早く上がらなければならないという時、陰でチクチクと文句を言われている状態です。(そういう人なので気にはしていませんが。)

 

そして先日、職場の教頭から「あと10分早く起きて学校に来なさい」等のパワハラとも取られる指導があり、(教頭は女性で子育て経験者です。今考えてもホントにこの発言はありえません!)

 

日々溜まっていた「退職」の2文字がはっきりと頭に浮かぶようになりました。(この仕事は一生続けるものではないな。と思えた瞬間でした。)

 

職場が変わっても、保護者対応や、日々の業務は変わらないと思い、転職を考え始めた瞬間でもありました。

 

 

何が「決め手」となり読んでみようと思いましたか?

今子どもが保育園に通っており、毎日園に行くことを楽しみにしています。わたしが仕事を辞めることで保育園を退園しなくてはならないと考えるとかわいそうで…

 

「保育園・退園しない方法」でネット検索をしました。

そこで出会ったのがりあこさんのサイトです。

 

 

実際に読まれていかがでしたか?

起業するとは目からウロコでした!

 

実は、うまく行くかは分かりませんが、来年主人が職場の海外事業の試験に挑戦し、合格すれば再来年度から数年間にわたって海外に渡る予定です。

 

家族で一緒に現地に行く予定で、わたしは一度退職し、その後教育の職には戻らないつもりでいます。

 

今からアフェリエイトのお仕事の事を勉強していこうと決めました!

毎日メールありがとうございます。そして長文失礼しました。

 

 

なりたくてなった職業

(以下、Mさんに宛てた、りあこからの返信メールです。)

 

 

Mさん
りあこです。

 

この度はご感想をありがとうございます!

 

うちの子供たちも小学校に通っていて
先生方の対応にはいつも頭が下がる思いです。

 

 

今、私はPTAの執行部にいるため学校にも頻繁に通う日々です。

 

先生方の様子もよりリアルに見えてくるようになりました。
知るほどに(例え一部分しか知らなくとも)本当に大変なお仕事だと感じております。

 

「なりたくてなった職業」

 

末っ子の保育園にも、小学校の担任を持つお母さん先生がいらっしゃいます。

 

下準備に授業、各種報告に研究、後処理、出張、人間関係…

 

それだけでも、相当に手一杯の仕事でしょう。

 

それを出産後も、小さなお子さんを抱えながら、なんとかして毎日をやりくりしていくということ。

 

現場では『全力を求められる』ということ。

 

教育の現場には、きっと
子どもたちを大切に、精一杯向き合って
共に成長していくかけがえのない日々があるのだと思います。

 

 

「先生とわが子」かけがえのない日々は?

その一方で

 

先生方の「わが子」に対する
かけがえのない日々はどうなるのか?

 

矛盾を感じながらも

「なりたくてなった職業」

この想いで、続けてこられたのですね。

 

うちの子供たちも、子育て中の先生に担任していただいたことがあります。本当に感謝いたします。

 

この矛盾を「個人で改善していく」には
余りにもハードルが高く、労力も半端ないですよね。

 

ボランティアであるPTAの仕事でさえ、組織の変革はまず無理。私は早々に諦めました(^^;

 

でも、
組織を変えるのは無理でも

自分の選択・決断を変えることはできます。

 

先生を辞め、
家族との日々を大切にしたい。

 

Mさんのご選択・決断を、私は応援したいです。

 

どうぞお身体を大切に、ご家族との時間をより大事にできますよう祈っております!

 

ご感想ありがとうございました!

 

りあこ

 

 

色んな価値観・選択・考え方があっていい

Mさんや、りあこのメッセージに

大きくうなずく人、共感する人もいれば、違和感やズレを感じた方もいると思います。

 

決して、同調する必要はないです。

 

色んな考え方・選択・価値観があっていいと私は思っています。

 

個人 VS 組織(職場)

 

圧倒的に不利な状況で真っ向から抵抗するより、のらりくらりと1人気楽に生きる道を進むほうが楽じゃん?

・・・という人間なので、あなたに正論を求めることもないのです。笑

 

その後、Mさんから更にご質問をいただきまして…

 

公務員は副業NG「アフィリエイトを始めるのはダメ?」

 

今までのメルマガを拝見し、今すぐにでもアフェリエイトの勉強をしたいと思っているのですが、何せ立場上、公務員なので副業は認められていません。
内緒でこっそり…とも考えましたが、後々考えてそれはできないなと思いました。
今は少し始めるのを保留して、主人の海外派遣が決まり次第始めるほうがよいのでしょうか。
ご意見いただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

小学校の先生は副業ダメですものね。

 

でもメルマガ読んだ今、アフィリエイトに興味いっぱいなのに、仕事を辞めるまで何もできない??

 

りあこだったらどう判断するか・・・

 

そりゃあ「気楽に進める道!」を模索するでしょうね!(笑)

 

 

次回のブログでご紹介します

この記事に関連する記事一覧

「これ以上ムリ!」なママ向き
家計,ゆとり,ブログ
このブログを書いている人・りあこ

りあこ

自宅起業サポーター・りあこ

3人娘のママ。5年以上、子育てしながら自宅で働いてきました。メルマガで「保育園ママのための自宅で1人起業する方法」を公開したところとても反響が大きく「やっぱ家で働けるって幸せなことだよね♪」と思う今日このごろ。

>>もう少しくわしい自己紹介はこちら

ライバル不在ガラ空きキーワードの例
家でできる仕事の始め方
りあこ愛用アフィリエイトの教科書
保育園ママ起業の専門メルマガ
 最近の投稿
カテゴリー
【私の知らない自分】が丸見えに!

ページの先頭へ