保育園「保護者会総会」会長挨拶の例文・服装&自己紹介より重要なこと

目安時間:約 9分

この春「保育園の保護者会・会長」になった方へ。

お疲れさまです。心中お察しします。(笑)

 

私も、3人子どもがいて

保育園の会長やPTA本部役員など引き受けてきました。

 

PTA,ハード

今年りあこはW役員です(保育園保護者会会長&PTA執行部会計)

 

あなたの感じているだろう

不安やプレッシャーは、よくよくわかりますよ。

 

 

そこで今日のブログでは、

 

保護者会総会,会長挨拶,例文

 

保護者会会長の仕事1発目

「保護者会総会 会長挨拶」の例文・服装についてまとめます。

 

 

【会長挨拶のキホン】余計な負担とプレッシャーを減らそう

まず、会長挨拶の基本として

  • 短くていい
  • カンタンでいい
  • メモ見ながらでいい

と思ってください。

マイクがあれば大きな声を出す必要もありません。

 

いいんです。

下を向いて小さな声でいいんです。

 

大勢の人前に出るのは、

めちゃくちゃ恥ずかしいし緊張しますよね?

 

あなたは、会長なんて責任重大な役職を引き受けたんです。

 

余計な負担やプレッシャーを手放すためにも

できるだけシンプルな挨拶で済ませましょう。

 

 

総会の服装「カジュアルすぎなければOK」

総会の服装は、カジュアルすぎなければOKです。

 

スーツは着なくていいけど、ジーパン・Tシャツは避ける。

会長はパリッとした格好でもいいですが、私はカーディガンはおってたかな。(思い出せない)

 

ちなみに、小学校のPTA総会では

「本部役員はスーツ着用」と指定でした。

 

保育園の保護者会は、親と先生ですが

小学校のPTAは、地域の自治会など関係が広くなったりします。

 

服装で迷うなら「前年度に合わせる」のが無難です。

 

保護者会総会【会長就任挨拶の例文】短くシンプルでOK!

では、総会の挨拶はどのようにスピーチすれば良いでしょう。

 

保護者会総会・会長就任挨拶の例文

今日はお忙しい中、総会にご出席いただきありがとうございます。

今年度の保護者会・会長をつとめさせていただきます〇〇〇〇(自分の名前)と申します。

至らない点などあると思いますが、精一杯つとめさせていただきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

シンプルでしょう?

これくらいで良いのです。

 

メモを見ながらでいいですよ。

暗記する必要なんかないです。

余計な負担やプレッシャーは減らしましょ。

 

しゃべる速度や声の感じなど

「音声で聞いてみたい」方がいましたら、こちらを参考にどうぞ。

 

運動会,会長挨拶,例文,音声

 

【総会挨拶≠自己紹介】会長の仕事で1番重要なこと

ただし、

総会挨拶を自己紹介だけで終わるのは

「もったいない」ところもあります。

 

保護者会総会では

会長として1番重要な仕事があるのです。

 

それは

活動内容の見直し・変更。

 

役員の仕事内容はもちろん

保護者会の活動・制度を変更するなら

保護者会総会で「決議に掛け、承認を取る」必要があるのです。

 

【任期1年目の新人】が変えなきゃいけない

というのも、

保育園の保護者会って「任期は1年」ですよね。

 

おそらく会長は「年長クラスの親」で、役員終わったらそのまま卒園。

 

すると、

役員をやって何か問題や不満があっても

任期中に「変えるチャンスは無い」んです。

 

 

わかるでしょうか。

 

一般的に、保護者会・PTA総会は年に1回。

4月か5月初めに開催されるところが多いでしょう。

 

一方、旧会長(旧役員)は3月で卒園している。

 

役員の制度や仕組みを変えたいと思っても

保護者たちに承認を取れるチャンスは、4月の総会「1回だけ」。

 

「保護者会を変えたい」と思ったら

それは「新役員」がやらねばならない。

 

ところが、保育園の役員は

「役員をやること自体が初めて」という人も多い。

 

前年度と同じようにやり過ごすだけでも精いっぱい。

 

そんな中で、疑問や不満を感じても…

 

例えば、

役員の決め方がクジ引きだったり

仕事内容が強制ボランティアとか

 

「これおかしいよ、変じゃない?」 と思っても

変えるチャンス・タイミングがないんです。

 

モヤモヤしつつも、任期終了したら

次の年度にそのまま自動的に引き継がれていく。

 

これが、役員の仕事の「リアルな実態」です。

 

 

4月の総会は、役員の仕事を変える「1回限り」のチャンス

とはいえ、

何かに疑問や不満を感じても

仕組みを変えるって、ものすごく大変なこと。

「役員を引き受けるだけで精いっぱい」

「そこまで時間や労力をかけられない」

 

そのとおりです。

 

だから「できる人がやればいい」と私は思ってます。

 

大きな変化を起こすには、

けっこうな労力と負担がかかりますからね。

 

「自分がやってしまえば、後の人が楽」

それだけです。

 

役員の仕事なんて、ただのボランティア。

それなのに、ほぼ強制。

 

「やりたくない、とてもやれない状態」なのに

じゃんけんやクジ引きで無理やり決めたりする。

 

私は、この「理不尽なやり方」が、大嫌いなんです。

 

 

だから、

保育園の会長を引き受けるなら

とにかく仕組みを変えたかった。

 

で、役員の仕事や活動内容を見直すには

「4月の保護者会総会が1回限りのチャンスだ」

と知っていた。

 

そんなわけで、

総会挨拶は自己紹介で終わらせず、

変化を起こすため、念入りに準備したんです。

 

保護者会の制度や活動内容、役員の仕事を「変える」には?

もし、これを読んでいるあなたが

 

「自分の負担が増えてもいいから、変えたい」

「後に続く人たちのためにも、見直したい」

と感じるなら(すばらしい。ありがとう)

 

きっと、私の経験してきたことがお役に立てると思います。

 

次回の記事で

『保護者会の制度や活動内容、役員の仕事を変えるには?』

について、お話しますね。

 

 

▼続きはこちら


家でできる仕事の始め方

次世代起業家育成セミナー,主婦

 

 

 

もっと子どもの近くにいたい

 

『自立した私』になりたいあなたに

 

『自宅起業オンライン講座』をご紹介しています

 

 

 

 

 

りあこの自己紹介

りあこ
家で働きたいママの寄り添いサポーター・りあこ

3人娘のママ。
子育てしながら自宅で働いています。

ただ今メルマガで
保育園ママ専用【1人起業】マニュアルを公開中。

のべ1300名以上の保育園ママたちに読んでいただきました。

夢理想ではなく『現実的な話』を知りたいあなたなら、きっと役に立ちますよ。

>>もう少しくわしい自己紹介はこちら

カテゴリー

ページの先頭へ