人手不足・ブラック企業で有給とれない「マニュアル・共有化」で乗り切る思考法

目安時間26分

りあこです。

 

 

今日は、

職場の人手不足や残業体質で

なかなか有給とれなくて

辛い立場にいる方へ。

 

 

ブラック企業,有給とれない

 

 

ブラック企業で

有給や育休をとるための

必須のスキルと思考法

 

『業務マニュアルと共有化』

についてお話します。

 

 

絶対、同じ目に遭わせたくない。

というのも、

 

先日、ツイッターで

こんな話をしたんですけどね。

 

 

『絶対、同じ目に遭わせたくない』

 

 

あなたは、さ。

 

 

職場だったり

PTA役員だったり

ママ友づきあいだったりで

 

 

自分がすごく

 

大変な思いをしたり

理不尽な目にあったり

辛い状況に巻き込まれたことって、ない?

 

 

職場,理不尽

 

 

たとえば、職場なら

 

まともに有給を

取らせてもらえないとか

 

育休明け望まない部署

異動させられたとか

 

 

理不尽なことって、あるじゃない。

 

 

 

で、不本意ながら

なんとか乗り越えてきたとするよね。

 

 

私も大変だったから、あなたも我慢しなさい…?

 

それでね?

 

 

次に、

 

そのときの自分と

『同じ立場』になる子たちが

出てきたときにさ。

 

 

私も大変だったから、あなたも我慢しなさい

 

 

「私も大変だったから

あなたたちも我慢しなさい」

 

って思う?

 

 

それとも

 

「あなたたちには、絶対に

こういう目には遭わせたくない」

 

って思う?

 

 

 

これ、

 

私にとっては

『後者一択』しか無いんだよね。

 

 

次の子たちには

絶対に、同じ目に遭わせたくない。

 

 

コレしか無い。

 

 

 

事務経験ゼロで転職したら、前任『全員退職』しました。

私がこの話するのは

はじめてのことなんだけど…

 

 

 

りあこさんが独身の頃、ね。

 

 

ある会社の事務に

転職したことがあるのね。

 

 

事務経験はゼロ。

 

 

「よく雇ってもらえたなぁ」

って思ったんだけど…

 

 

じつは、裏が、あったのよ。

 

 

 

私が入社したタイミングで

 

前任の人たち3人全員、

ほぼ同時に、退職しちゃったの。

 

 

 

・・・ていうか、

「逃げちゃった」んだよね。

 

 

 

ちょうど、この会社は

ゴリゴリの職場改革

真っ最中だったのね。

 

 

自分たちの仕事が

とんでもなくハードになることに

彼女たちは勘付いて、

 

とても受け入れられなかったみたいなんだ。

 

 

新人・ブラック企業・引き継ぎ無し・怒涛の仕事量

でも、

 

それで全員

同じタイミングで

辞めちゃうって、すごいよね。

 

 

まともな引き継ぎもないまま

私は1人、残されたの。

 

 

転職,引き継ぎなし

 

 

でも、

入社したばかりの新人が

 

いきなり全ての

業務を任されて

やりきれるわけないでしょう?

 

 

その後、

別の部署から事務を

増やしてはくれたのだけど

 

 

みんな新人、焼け石に水。

 

 

しかも、職場改革は

ぜっさん進行中で

 

毎日『怒涛の仕事量』が押し寄せてくる。

 

 

毎晩10時11時になっても

ぜんぜん仕事は終わらなかったし

 

(残業代はゼロ。

 安定のブラック企業でした。笑)

 

 

わからないことだらけなのに

仕事は次々に来るから

 

一緒に働くメンバーにも

取引先やお客様にも

迷惑をかけっぱなしで…

 

 

精神的にも体力的にも、

すごく、キツかった。

 

 

りあこが徹底的に『引き継ぎ・マニュアル化』にこだわる理由

もちろん、

 

逃げ出した先輩たちにも

いろんな事情や言い分があったかもしれない。

 

 

でもさ、

 

 

事務3人全員が

いっぺんに辞めたら

 

職場がめちゃくちゃに

なることくらい

わかりきったことでしょう?

 

 

後のことは知らん顔

だなんて

 

「なんて、無責任なんだろう」

 

って、思ったよね。

 

 

そんな経験をしてきたこともあってさ…

 

 

職場,マニュアル

 

 

私、

 

仕事の『引き継ぎ』には

ものすごくこだわってきたんだ。

 

 

仕事内容は、徹底的に「マニュアル化」する

 

例えば、

 

自分の仕事内容は、

徹底的に『マニュアル化』する。

 

 

マニュアル

 

 

どんな仕事があって

いつ、どのタイミングで

準備してどこに提出するのか?

 

 

必要な書類・データはどこにあるか?

 

 

・・・みたいな

 

全般的な仕事の流れや

資料・データを整理整頓して

マニュアル化するのは、当たり前。

 

 

とりあえずこれ読めば「なんとかなる」レベル→徹底的に細かいよ

むしろ、

 

引き継ぐ側にとって

もっとも知りたいのは、

 

 

必要な書類はわかった。

で、どこをどうすれば

とりあえず使える??

 

 

じっさいに自分がやるとき
1つ1つ具体的にどうしたら
とりあえず、乗り越えられるか?

 

でしょ。

 

 

 

コレのどこをどう操作すればいい?

 

何をいつまでに準備しなきゃダメ?

 

締切はいつで、それまでに

やっておかなきゃいけないことは何?

 

もしトラブルが起きたら、

どうやって乗り切ればいい?

 

万一、

どうにもこうにもだめになったら

だれに相談すればいい?

キーパーソンは??

 

 

・・・こういうことじゃない。

 

 

 

え?

こんな細かいことは

マニュアルにいらない?

 

だれも読まない?(笑)

 

 

人手不足→1人欠けたら「職場・取引先・お客様」に迷惑かかる

でも、

もし、私がね?

 

 

急きょ、

病気で倒れたり

事故に巻き込まれて

 

働けなくなったらどうする?

 

仕事がストップする

 

いきなり、仕事が

ストップしちゃうんだよ。

 

 

人手不足だったり

ブラック企業だったり

ギリギリでまわしている職場って

 

たとえ

『新人が1人欠けただけ』でも

仕事がたちまち滞っちゃうんだよね。

 

 

上司や経営者に、雇用形態に

問題があるかもしれない。

 

責めたくなる気持ちもわからなくもない。

 

 

でも、

今まさに

 

職場の人たちにも

取引先やお客様にも

めちゃくちゃ迷惑かけちゃっていること。

 

 

これこそが、

何よりも、心苦しいんだよね。

 

 

急きょ、欠けた穴を埋める『代理』は【10倍以上】大変

 

なにより、

 

『欠けた穴』を埋めるために

かならず『代理』が入るでしょう?

 

 

 

急きょ、代理を

引き受けるって

すごく大変なことなんだよ。

 

 

だって、

 

わからないことが

わからない状態

 

職場にもお客様にも

迷惑かけっぱなし

 

 

めちゃくちゃ辛いんだよ。

 

 

なんだったら、

 

元の仕事も並行してやりながら

プラスアルファで代理の仕事を

引き継がなきゃいけないかもしれない。

 

 

すべてのスケジュールが狂って

対応も後手後手になるから

 

2倍、3倍どころか

10倍以上大変になる感覚だよ。

 

 

労働環境がどうとか

法令違反とかは、別の話。

 

 

現実的に、そういう

状態になっちゃうの。

 

 

私が『この場』にいなくても、とりあえず仕事がまわるように

だから、

 

自分の代わりに

代理を引き受けてくれる人や

この業務にあたるかもしれない人が、

 

 

少しでも、

 

困らないように

なんとかなるように

 

 

このマニュアルさえ見れば

 

とりあえず、乗り切れるように

とりあえず、その場をしのげるように

 

 

私が『この場』にいなくても

とりあえず、仕事がまわるように。

 

 

 

「自分のため」だけじゃなくて

「引き継ぐ人」のために、

 

徹底的に作り込んでいくもの。

 

 

 

それが、

 

『マニュアルの本来あるべき姿だ』

 

って、私は思うの。

 

 

普段から『業務の共有化』しておくのが大事

そして、

マニュアルを作ると

 

 

普段から、

 

周りのメンバーたちと

『業務の共有化』

しておくのも大事だな

 

ってこともわかってくるんだな。

有給,業務の共有化

 

たとえば、

 

そもそも

自分1人が欠けたら

まわらなくなるシステムでは

 

責任感もハンパないし

有給も取りづらいでしょう?

 

 

 

でも、

 

一緒に働くメンバーが

お互いの仕事をある程度

わかっていてくれて

 

フォローできるくらいの知識

ていねいなマニュアルがあれば

 

 

とりあえず、お任せできるじゃない。

 

 

そしたら、自分も

心おきなく「有給休暇」取れるでしょう?

 

 

職場の人が有給取るときも

快く「どうぞ!」って言えるでしょう?

 

 

 

ぜんぶ『お互いさま』なの。

 

 

「マタハラ裁判」マタハラ以前の問題じゃん

先日、こんなニュースを読んだんだけどね。

 

育児休業(育休)取得後に、正社員から契約社員への雇用形態の変更を迫られ、その1年後に雇止めされたのは不当だとして、語学スクール運営会社で働いていた女性(30代)が、会社に地位確認などを求めた訴訟

 

女性元社員「マタハラ」主張も認められず、雇止め有効に 一審と逆転…東京高裁│弁護士ドットコム

 

「子どもが保育園入れなくて育休延長したら、元の正社員に戻れなくて雇い止めに合った」

というマタハラ裁判があってね。

 

会社 vs ママ

みたいな対立図になってるの。

 

詳しい内容を読むと、

正直、とても嫌な気持ちになるよ。

 

どっちにも事情や言い分あるのはわかるよ。

 

でも、お互いの信頼関係が

『破綻』している時点で

こんなの、マタハラ以前の問題じゃん

 

って私は感じてしまうんだ。

 

 

一方的に権利主張して『周りの負担』を無視したら…

「有給とりたいとか

育休取りたいとか

 

それは、大切な権利だから

ちゃんと受け取ればいいよ。

 

 

でも、一方的に、

自分の権利だけ主張して

『周りの負担』を無視したら

 

お互いの関係が『破綻』するんだよ。

 

 

お互いの信頼関係が

『破綻』したまま

『自分の権利』を主張して

受け入れてもらえますか?

 

 

気持ちよく『有給・育休を取りたい』なら・・・

あのね?

 

 

自分が気持ちよく

有給を取りたいなら

育休を取りたいなら

 

 

 

 

お互いに、

『今の自分にできること』

精いっぱいやるの。

 

 

お互いの仕事や状況を

少しでも理解しようと努めて

 

誰か1人欠けても

仕事が回るように

 

業務内容を見直したり

フローを改善して

 

その結果、

 

『みんなで気持ちよく』

有給取れるようにするんだよ。

 

 

個人1人のチカラだけでは、どうにもならないこともある

もちろん、

24時間365日必ず動かす

電気・ガス・水道みたいなライフラインや

 

人の命を預かる医療や緊急の仕事

学校や保育園みたいな教育の現場では

 

『個人1人のチカラ』だけでは

どうにもならないことも確かにある。

 

一方的な異動や減給、

リストラにパワハラ、マタハラ

理不尽な目に合って、やりきれない気持ちになることもある。

 

それでも、

 

『今の自分にできることを』

 

想い1つで乗り越えていく人達もいる。

 

 

世田谷の保育園「即日閉鎖」→退職せずに自主運営を選んだ保育士たち

たとえば、先日も

こんなニュースを目にして、私は心底驚いたのだけど…

 

世田谷の保育園が「即日閉鎖」から「自主営業」へ 「一斉退職」しなかった保育士たち

 

『保育園閉園のお知らせ』

 

金曜日(29日)の18時ごろ、取締役が「お知らせ」という1ページの紙を持って園に現れ、当日をもって園の経営をやめるとスタッフたちに告げた。

そこには、「倒産する方向で検討することになりました」「倒産手続きへのお問い合わせにつきましては、下記弁護士事務所まで」と弁護士の連絡先のみが書いてあった。

経営者は園のドアにそれを貼り出しており、保護者たちへの閉園の通知はそれだけで、電話をかけることすらしなかったという。

 

 月曜日の朝にはいつものように保護者たちが子どもを預けに来る。保護者たちは、そのときドアの前で初めて閉園を知ることになる。

 出勤途中に子どもを預けにきた保護者は、その後どうすればよいのだろうか? 大混乱になることは間違いない。仕事を急に休めというのだろうか?

 

 

なんと身勝手極まりない…

 

あまりに常軌を逸する対応に、

正直、言葉も出ないじゃないですか。

 

ところが、

 

ここの保育士さん達は

さらに思いがけない行動をとったんですよ。

 

 

 

今回、保育士たちは「一斉退職」とはまったく逆の路線を採ることにした。子どもたちを見捨てられない保育士たちは、保護者や介護・保育ユニオンの支援を受けて、「自主営業」の道を選んだのである。

 

 

ここの保育士さん達

自分のお給料さえ、まともにもらえてないんだよ?

 

子どもたちのテーブル1つ直してもらえなくて

乳児が過ごす部屋にはダンボールが山積みにされて

 

「こんなのは、おかしい」って

ずっと諦めずに声を上げつづけきて

 

最後には『即日退園』なんて暴挙まで受けたのに…

 

保育士個人の事情を考えれば、この不安定な職場に留まるのではなく、今すぐにでも転職した方がよかったに違いない。仮にそういう選択をする保育士がいたとしても、誰も責めることはできないはずだ。

 

 

そうだよ・・・

 

お給料ももらえなくて

おそらく職場環境も劣悪で

さらに保育園が閉鎖までされて

 

もう、打つ手はないはずなのに…

 

『子どもたちを見捨てられなかった』

 

想い1つで、

子どもたちを守ろうとするなんて

 

すごすぎるよ・・・(;_;)

 

決して、

美談で終わらせてはいけないけれど、

 

私は、この人たちの【人間性】

何より共感したし応援したいと思った。

 

 

私がそっこー振り込んできたのは、言うまでもない。

 

 

『自分のため』で、いいじゃない。

もちろん、普通はここまでできない。

 

人のために『使命感』だけで

乗り越えていけるほどの

パワーを持ち合わせている人は、少ないと思う。

 

 

だから、

『自分のため』でいいじゃない。

 

 

 

もっとラクできないかな?

もっと安心して働けないかな?

もっと有給とりやすくできないかな?

 

 

改善したり工夫するのって

『自分が楽するために』でいいの。

 

 

私なんかは、

事務経験ゼロで入っちゃったから

当時、ワードもエクセルも全然使えなかったの。

 

 

でも、

とにかく『仕事が終わらなかった』から

とにかく『速く正確に』やれるように

とにかく『夢中で集中して』作業してました。

 

 

だから、

タイピングも速くなった

ショートカットキーや関数も覚えたし

人に教えられるくらいパソコンを

使いこなせるようにもなったんです。

 

 

私にとっては

 

知らなかったことが

わかるようになる

 

新しいことができるようになる!

 

 

職場としては大変だったけど

すごく『楽しい時間』だったりもしたんです。

 

 

嫌々やってたんじゃないですよ。

 

毎日『試行錯誤』して

毎日『新しいこと』覚えて

毎日『成長』を感じられて

 

それ、ぜんぶ

自分がやりたくて

やってたことだから

 

すごく、楽しかったんですよ。

 

 

世の中に言いたいこともあるけれど…

人材不足とか

ブラック企業とか

残業代未払いとか

 

マタハラとか

生理バッチとか

 

PTA不要論とか

役員決めで揉めるとか

 

 

世の中に対して

いろいろ言いたくなることも

あると思うけど

 

 

 

だからこそ・・・さ。

 

 

 

次の子たちには、

 

自分と同じ理不尽な目には

絶対、遭わせない。

 

 

こういう気持ちで

1つ1つ対処していくことで

 

世の中って、少しずつよくなっていくし

 

なにより

自分にとっても

その方がずっと、楽しいですよ!

 

 

どこの職場もPTAも、まともなマニュアルは、無い。

その後も、りあこさんは

別の会社に転職したり

 

保育園の保護者会・会長や

PTA本部役員とかも引き受けてきたけど

 

 

まともなマニュアルって

ほとんど無いんだ。

 

むしろ、

マニュアルあったらラッキー(笑)

 

 

 

だから、

 

私は今でも

せっせこマニュアル作って

 

『自分が知っているすべて』

引き継ぐようにしてる。

 

 

【PTA・保護者会マニュアル】引き継ぎ4つのコツ!役員の仕事で楽するために

 

 

たかがマニュアル

されどマニュアル。

 

 

でも、

マニュアルを作ると

 

めちゃくちゃ喜ばれる。

めちゃくちゃ感謝される。

 

 

 

「保育園継続【1人起業】マニュアル」も一緒。

 

先日、特典2・3を大幅更新しました。

『親の収入額』が保育園の入所要件に絡んできたので対処法のせてます

 

 

保育園ママたちが

仕事のことで悩んだり

職場で辛い目に遭っている状況を

 

 

どうにか乗り切れるように…

 

どうかホッとできますように…

 

 

 

私がやってることは、いつも同じ。

 

 

 

絶対、自分と

同じ目に遭わせたくない。

 


家でできる仕事の始め方

 

次世代起業家育成セミナー,主婦

 

 

 

もっと子どもの近くにいたい

 

『自立した私』になりたいあなたに

 

『家でできる仕事の始め方』をご紹介しています

 

 

 

 

 

りあこの自己紹介

りあこ
家で働きたいママの寄り添いサポーター・りあこ

3人娘のママ。
子育てしながら自宅で働いています。

ただ今メルマガで
保育園ママ専用【1人起業】マニュアルを公開中。

のべ1300名以上の保育園ママたちに読んでいただきました。

夢理想ではなく『現実的な話』を知りたいあなたなら、きっと役に立ちますよ。

>>もう少しくわしい自己紹介はこちら

カテゴリー

ページの先頭へ