アフィリエイトで売れることに「罪悪感」を感じるあなたへ

目安時間:約 7分

りあこです。

 

 

アフィリエイトや
コピーライティングとか
売るノウハウを学んで実践していくと

 

いずれ、必ず「手応え」が出てくる。

 

 

成果が上がる
アクセスが伸びる
くり返し売れるようになる

 

 

「やったー!」と
手放しで喜ぶ人もいるが

 

 

「人を動かすのは
こんなにも簡単なことなのか…」

 

ある種の『怖さ』を感じたり

 

 

「自分が利益を得るために
相手を騙していることにならないのだろうか…」

 

『罪悪感』を覚える人もいるだろう。

 

 

売る,アフィリエイト,罪悪感

 

 

 

私も、あからさまに後者のタイプで

 

 

行動心理学だったり
売るためのノウハウを学ぶことは
とても好きなのだけど

 

いざ、ブログで
『レビュー記事』を書こうと思うと
躊躇や恐怖で手が止まるくらい苦手だった。

 

 

どういう状態だったか?
どう乗り越えてきたのか?は

 

運命を変える『自分のためブログ』の作り方

 

こちらでお話しているので省くけど

 

 

まともなノウハウを学び
まともに実践していくと

 

例外なく
成果が上がってしまうのは

『避けられないこと』なのは、間違いない。

 

 

なぜなら
まともなノウハウを教える人たちは

『人の心理』を熟知しているから。

 

 

こちらの思うがまま「人を動かす」事実にたじろぐ

 

彼らは、知っている。

 

自分の思うがまま
相手を動かすのは
「とてもカンタンだ」ということを。

 

 

もちろん、
動かされる側の相手は

「これは自分が選んだことだ」
と思っているし

 

誰かに誘導された結果だなんて
1ミリも思っていない。

 

 

自分の意志で
気持ちよく選び
気分良く購入する。

 

 

「お買い上げいただき
ありがとうございました」

 

 

成果が上がって
あなたは嬉しいかもしれない。

 

買ってくれた人に
感謝するかもしれない。

 

 

自分の思うがまま
人を動かしてしまった事実に気づき
畏怖の念に打たれるかもしれない…。

 

 

「三方良し」にさえ『心苦しさ』を感じる理由

 

何が、問題なのだろう。

 

 

『相手』には
自分の意志で
気持ちよく選び
気分良く購入してもらう。

 

 

『自分』にとっても
相手に喜んでもらえて
ストレス無く収入を得られる。

 

 

当然、
『会社・広告主』にとっても
これはとても喜ばしいこと。

 

 

誰も困らない。
誰も損していない。

 

まさに『三方良し』じゃないか。

 

 

なんの問題もないように感じる。

 

 

それなのに

 

「なぜか心苦しい」
「どこか引っかかる」
「なにか違和感を覚える」

 

 

もし、あなたがそう感じたなら

この本を読んでみるといい。

 

 

最近、図書館で借りてきて
読んでいるのだけど

 

どこか心の奥深くで
消化しきれていなかった
モヤモヤの『正体』
ようやくハッキリした。

 

 

もう、私がこの問題で
立ち止まることはないです。

 

 

売るノウハウを学んでも
気持ちが引けてしまう

 

誘導することに『心苦しさ』
感じているなら

手にとってみるといいですよ。

 

文字ギッシリだけど、スッキリします。

 

 

『成果が上がる怖さ』を感じていますか?

 

自分の思うがまま
相手を動かすのは
「とてもカンタン」なこと・・・。

 

 

まともなノウハウを学び
まともに実践したら

 

例外なく
成果が上がってしまうのは

「ぜったい避けられない」こと・・・。

 

 

あなたは『成果が上がる怖さ』

を感じていますか?

 

 

それとも

 

「いや、まだ私は
そのレベルに達してないんです(^^;」

 

という段階でしょうか?

 

 

→だったら、まずはこっちです。

 

 

 

 


家でできる仕事の始め方

次世代起業家育成セミナー,主婦

 

 

 

もっと子どもの近くにいたい

 

『自立した私』になりたいあなたに

 

『自宅起業オンライン講座』をご紹介しています

 

 

 

 

 

りあこの自己紹介

りあこ
家で働きたいママの寄り添いサポーター・りあこ

3人娘のママ。
子育てしながら自宅で働いています。

ただ今メルマガで
保育園ママ専用【1人起業】マニュアルを公開中。

のべ1500名以上の保育園ママたちに読んでいただきました。

夢理想ではなく『現実的な話』を知りたいあなたなら、きっと役に立ちますよ。

>>もう少しくわしい自己紹介はこちら

カテゴリー

ページの先頭へ