3姉妹ママが、チャイルドスポンサーシップで女の子1人支援始めたワケ

目安時間15分

以前から気になってた

国際NGOワールド・ビジョン・ジャパン

チャイルドスポンサーシップ。

 

 

チャイルドスポンサーシップを始めたワケ

 

このたび、私(3姉妹の子育て真っ最中のママ)

1人の女の子(アシュリーアーレイちゃん)の支援をはじめました!

 

 

今日は、私がチャイルドスポンサーシップを始めた

ゆる〜い理由とキッカケについてお話します。

 



 

 

子育て真っ最中の私が、チャイルドスポンサーシップを始めたワケ

ただ今、わたしは

「小学生女子3人」の子育て真っ最中。

 

これまでも

ちょ、ちょっとだれか助けてーー!!

的な状況になることも多々ありましたし

まだまだ子どもたちには手もかかれば

これからお金もかかります。

 

そんな状況で、

なぜ、海外の子どもを支援しようと思い立ったのか?

 

ってことなんですが・・・

 

まぁ、

支援っていうか

募金っていうか

 

正直に言うと、

理由なんてそんな大層なものはなくて

 

異国の子どもたちと、お手紙でやり取りができるってすごくない…!?

 

ほぼ、文通の感覚で始めたんです(笑)

 

 

 

1番の決め手は「お互いの、顔が見える支援」

寄付,募金

もともと、寄付する意識は多少あって

 

レジ横に募金箱があれば「お釣り」をチャリンと入れたり

先日の台風19号でも「ふるさと納税」を送ったりしましたが

 

 

「その後、どうなったのかな…?」

 

っていうのが、わからないんですよね。

 

 

もちろん、被災地や国際情勢に対して、

みずから意識を向け続けるのも大事なことかもしれない。

 

でもやっぱり、めまぐるしい日常の中

ずっとアンテナ貼ってられないのも事実。

 

 

チャイルドスポンサーシップ,マイページ

 

 

これが、

チャイルドスポンサーシップだと

 

「この子」

「この子が住む地域」

ず~っと見守っていくことができるスタイルなんだと知って

 

顔の見える支援って、いいなぁ…

純粋にそう思って。

 

 

1回限りの「単発」ではなく、

継続して長期的に「寄付」していきたいなら

 

お互いの存在が身近に感じられる、

チャイルドスポンサーシップの支援内容は

理想的かもしれませんね。

 

 

 

チャイルドから「お手紙」届きました~❤

世界の恵まれない子どもたちの支援団体としては

 

  • ユニセフ
  • 国連UNHCR
  • 国境なき医師団

もありますよね?

 

でも、どうしても「寄付」って

お金を渡すだけになっちゃうところ、ありませんか?

 

 

チャイルドスポンサーシップでは

子どもと直接お手紙のやり取りができるんです♪

 

 

▼はじめてアシュリーちゃんから届いたお手紙

 

チャイルド・スポンサーシップ,手紙,翻訳

 

 

アシュリーちゃんの絵と

スタッフさんたちが書き起こし&翻訳してくれたお手紙が付いてきました。

 

めちゃくちゃうれしかったですよ(o´∀`o)

 

 

何回でも、好きなタイミングで手紙を送れる

他の支援団体も検討しましたが

手紙のやり取りに「回数制限」があったりするところも。

 

チャイルドスポンサーシップは

何回でも、好きなタイミングで

手紙を送れるのが、ありがたいなぁと。(文通大好き)

 

また、アシュリーちゃんの住んでいるところは

「スペイン語圏」なんですが

 

英語や現地語ができなくても、

日本語⇔英語⇔現地語

に翻訳してもらえるのも助かっています。

 

『Google翻訳』を使って、カンタンな挨拶やフレーズを手紙に書いてみるのもいいですよね♪

 

 

写真や折り紙も、プレゼントできます

サポートを始めてから、3ヶ月。

 

チャイルド・スポンサーシップ,手紙,頻度

 

アシュリーちゃんからは

2回、お手紙が届きました。

 

 

翻訳をはさむので、

お互いの手元に届くまで時間はかかりますが

 

その分、とびっきり嬉しくて

家族みんなで読んでいます。

 

 

▼うちの子供達から、アシュリーちゃんへ

 

チャイルド・スポンサーシップ,家族写真

 

 

お手紙には『写真や折り紙』などの

小さなプレゼントを送ることもできます。

 

先日は、アシュリーちゃんから届いた『絵』

うちの末っ子と一緒に、写真に撮って贈りましたよ(^^

 

 

うちの娘たちにも、よい影響がもらえたらいいな…

チャイルド・スポンサーシップを始めるにあたって

うちの子たちが、異国の子供と交流する楽しさや、広い広い世界に興味関心を持つキッカケにしてもらえたら…

 

なんて想いも、ありました。

 

 

じっさい、アシュリーちゃんが住んでいる

「エルサルバドルってどこ?」

って話になったときは、

 

ほぼ日アースボール,エル・サルバドル

 

 

「あった!ここだ!」

 

一緒に地球儀まわして探したりね。

 

 

キッカケなんて、

ほんの、ちょっとしたことでいいんだと。

 

ちょっとしたキッカケから

 

  • 海外に意識が向いたり
  • 外国語を勉強しようと思い立ったり
  • 留学しようと決意するかもしれないし…?!

 

私たち家族が受け取れる

『価値』を考えると

 

毎月の寄付も、決して高いものでもないな

なんて思ったりしています。

 

 

チャイルド・スポンサーシップは『寄付控除』も使えるので、実際は『さらに半額』くらいの感覚です。

 

 

チャイルドスポンサーシップを始めると「セット」が届きます

では、チャイルド・スポンサーシップに登録すると

どんな感じなのか?というと

 

チャイルドスポンサーシップ,初回

 

こんな感じの封筒で、自宅に初回セットが送られてきます。

 

 

チャイルドスポンサーシップ,資料

 

  • チャイルドの紹介カードと写真立て
  • チャイルド・スポンサーシップ ガイド
  • チャイルドの住む支援地域情報
  • 専用クリアファイル
  • チャイルドへの自己紹介の手紙

などなど、いっぱい入っています。

 

チャイルドへの「手紙の送り方」については

ガイドの中で詳しく説明されているので、

 

とりあえず私はそっこー

自己紹介

家族紹介

 

うちの家族写真を

切り貼りコラージュして(笑)

 

「うちはこういうファミリーでーす!!」

って送りましたよ!

 

余談ですが・・・
先ほどから私、チャイルドの実名や写真をブログで紹介していて

「コレ、大丈夫なの?」と気になっている方もいるかもしれないので補足しておきますね。

 

チャイルド・スポンサーシップでは、自分が支援する子供の「写真・名前は公開OK」なのです。

 

「チャイルドの情報はどこまで公開OKなのか?」についてのルールは細かく決まっていますし、私も守っていますので、ご安心くださいね。

 

 

「エルサルバドル」に暮らす7歳の女の子 → どんな国?情勢は?暮らしぶりは?

それでね?

 

私がアシュリーアーレイちゃんを

支援することに決めて、

 

最初に思ったのは

 

で、エルサルバドルって、どこ?

 

でした、やっぱり(笑)

 

 

「エルサルバドルって

名前は聞いたことはあるけど…」

くらいの印象しかなかったのです。

 

でも、彼女を応援すると決めてからは、

 

  • どんな国なのかな?
  • 水道はあるのかな?
  • どんな暮らしをしているのかな?
  • どんな文化で、何語を話すのかな?

 

どんどん興味がわいて

エル・サルバドルのこと調べていったんですね。

 

 

衣食住に困らなくなっても、支援が必要なワケ

 

国際協力って言うと

なんとなくイメージで

 

「井戸すらない地域」とか

「ゴミをあさる暮らし」とか

「今日、食べるものにも困る」とか

ぼんやり思い浮かびませんか?

 

エルサルバドルは、

中央アメリカにある小さな国なんですが

 

先ほどあげたような

「今日を生きるのさえ困難な暮らし」と比較すれば

 

家もあるし

学校もあるし

なんなら子どもたち「制服」も着てるし…

 

暮らし自体は、一見マシに見えます。

 

 

ところが・・・

 

エルサルバドルは長く内戦が続いた国で、

「貧困・暴力・ギャング」

長いこと怯えてきた地域なんですね。

 

水道は通っていても

学校はあったとしても

 

貧しさから生まれる

「暴力」や「憎しみ」「恐怖」など

 

『負の連鎖』

断ち切るための支援も必要なのだと。

 

そんなことも、チャイルド・スポンサーシップのメールやレターを読んで、私は初めて知りました。

 

 

そうか・・・

 

国際支援って、決して

「井戸」を設置したり

「学校や病院」を建てて終わるものではないんだ…

 

のんきな私は、ここではじめて

チャイルドスポンサーシップの存在意義を知ることになったのです。

 

 

2019年ノーベル経済学賞『貧困の悪循環』を断ち切るには?

エルサルバドルに限らず、

アジアやアフリカなどには

 

今もなお、

辛く貧しく衛生的ではない生活を
強いられている子どもたちがたくさんいますよね。

 

2019年ノーベル経済学賞を受賞したのも

『貧困を解決する効果的な手法は?』の実証実験だったのです。

 

たとえば、あなたは

 

貧困地域に暮らす子どもたちが

学校に通えるようにするには

  1. 現金や学校の制服を配る
  2. 親に寄生虫対策の薬などを配る

 

どちらのほうが効果があると思いますか?

 

 

2019年ノーベル経済学賞に決まった
アメリカの大学の3人の研究者は

 

貧困に苦しむ人々を救うには
どんな方法がいいか実験によって明らかにしました。

 

3人が行った実験では
「2.親に寄生虫対策の薬などを配る」方が圧倒的に効果があった

とのこと。

 

貧困問題を解決するためには

ただ、お金や学用品を渡すだけではダメなのです。

 

 

『お互いの存在・信頼』を大切に

チャイルドスポンサーシップでは

衛生面や病気等へのフォローをはじめ

手に職を身につけるための技術・知識提供はもちろん

 

「大人たちが、子どもたちとどう接したらいいのか?」

 

貧困でギスギスした親子関係にまで

踏み込んだサポートを行っていることに、驚きました。

 

 

また、

「子どもたち自身が『自分の大切さ』に気付けるように」

 

安心して過ごせる環境や

『知識・考え方』をていねいに伝えていることにも共感しました。

 

 

これは、とても1年2年でできることではない。

 

一方的に、私たちの

理想や価値観を押し付けて

変わるものでは、決して無いのですから…

 

 

チャイルドスポンサーシップとは、

 

地道に、ていねいに

『お互いの存在・信頼』

を大切に活動してきたスタッフさん達や

 

『その想いに応えた』

現地の方たちとの、

 

努力と情熱のたまものなのだと。

 

 

私自身は、めちゃくちゃ気軽な気持ちで

チャイルドスポンサーシップを始めることにしましたが

 

こんな素敵な活動がずっと行われていて

 

そこに私も「支援」というカタチで

参加させてもらえる事自体が、ありがたいなぁ…

と思っています。

 

 

何もかもはできなくとも

何かはできる

 

 

自分にできるのは

本当に小さなことだけれど

小さな1つ1つが集まれば

どんどん素敵な世界がひらけていく。

 

長く、応援していきたいと思います。

 

 

チャイルド・スポンサーシップについて

くわしくは「公式サイト」をチェックしてくださいね!




家でできる仕事の始め方

 

次世代起業家育成セミナー,主婦

 

 

 

もっと子どもの近くにいたい

 

『自立した私』になりたいあなたに

 

『家でできる仕事の始め方』をご紹介しています

 

 

 

 

 

りあこの自己紹介

りあこ
家で働きたいママの寄り添いサポーター・りあこ

3人娘のママ。
子育てしながら自宅で働いています。

ただ今メルマガで
保育園ママ専用【1人起業】マニュアルを公開中。

のべ1300名以上の保育園ママたちに読んでいただきました。

夢理想ではなく『現実的な話』を知りたいあなたなら、きっと役に立ちますよ。

>>もう少しくわしい自己紹介はこちら

カテゴリー

ページの先頭へ