ブログ記事に『見出しH2,H3』を入れる方法。新旧エディター(グーテンベルク)で解説

目安時間9分

今日は、ブログ(ワードプレス)に見出しを入れる方法について

 

りあこ個別サポートでご質問を

いただきましたのでシェアしますね!

 

見出しの使い方(SEO対策)はもちろん

ブログのテンプレートによっても

使える見出しタグが変わってきたりするので

その辺も合わせて、補足しておきますね!

 

 

見出しタグ(H2,H3,H4)はどこから設定できるの?

(以下、Nさんからのご質問です。)

「ライバルが弱い!穴場キーワードの見つけ方」
記事に書かれている、
SEO対策にもなるキーワードの入力箇所、

 

・記事タイトル(検索結果に表示されます)
・記事本文
・見出し(H3,H4タグ)
・メタディスクリプション(抜粋に表示されます)

の、「見出し(H3,H4タグ)」とはどこに入力箇所が
あるのでしょうか?

 

「h1タグ」の入力箇所はあるのですが、
これとは違うのですよね?

(Nさんご質問、ここまで。)

 

Nさん

ご質問ありがとうございます。

 

以下、ワードプレスの見出しの設定方法について、お話しますね。

 

 

見出しは「記事投稿」画面から設定できますよ♪

まず ↑ コレが「見出し」ですよね^^

 

ワードプレスのバージョンによって
投稿画面(見出しの設定方法)が違うので
新旧それぞれの操作方法から、お話していきますね!

 

 

ワードプレス新エディタ(グーテンベルク)で見出しを入れる方法

グーテンベルク,見出しを入れる方法

1.「投稿」→「新規追加」で記事投稿画面にします。

 

 

グーテンベルク,見出し,入れ方
2.ブロックに「記事タイトル」「ブログ冒頭の文章」を入力した後に「見出し」を入れてみましょうか。

 

 

グーテンベルク,見出しの入れ方
3.左上にある『+』マーク(ブロックの追加)をクリック。

 

 

グーテンベルク,見出しの入れ方
4.「見出し」をクリック。

 

 

グーテンベルク,見出しの入れ方
5.見出しができました!

(ここで、H2、H3、H4などタグの種類も変更できますよ)

 

 

ワードプレス旧エディターに見出しを入れる場合

ワードプレスのバージョンによっては
まだ旧エディターをお使いの方もいると思いますので
(私もまだ、旧エディターを使っています)

 

旧エディターでの見出し設定方法も説明しますね!

 

 

ワードプレス,旧エディター,見出しの入れ方
1.「投稿」→「新規追加」で記事投稿画面にします。

 

 

ワードプレス,旧エディター,見出しを入れる方法

2.記事投稿画面で「記事タイトル」「ブログ冒頭の文章」を入力した後に「見出し」を入れてみましょうか。

 

 

ワードプレス,旧エディター,見出しを入れる方法

3.見出しにしたい文章にカーソルを合わせた状態で、左上「段落」をクリック。

 

 

ワードプレス,旧エディター,見出しを入れる方法

5.見出しができました!

 

 

見出しには狙うキーワードを入れるとSEOにも効果的!

見出しには、その記事で

狙うキーワードを入れていくと

SEOにも効果的だったりします。

 

たとえば、

今あなたが読んでいるこの記事なら

  • 見出し
  • H2、H3
  • グーテンベルク

などのキーワードを意識して、見出しに入れていたりします。

 

とはいえ、

ブログは人が読むものですし

 

グーグル先生も(私の保育園ブログを検索結果からふっ飛ばしてくれるほど)大変に優秀なので

 

見出しにキーワードを詰め込みすぎたり

不自然な書き方をすると

SEOには逆効果になったりします。

 

あくまで、自然で読みやすく

欲を言えば人の目を惹く見出しにできると良いですね^^

 

 

HTML見出しタグ(H2,H3)どれを使えばいい?テンプレートによっても違う!

見出しタグの種類(数字)は

H2、H3、H4などいろいろありますよね。

 

どうやって見出しタグを使い分けたらいいのか?については

 

サルカワさんのブログで、

図入りでとてもわかりやすく説明されていましたので参考にしてみてくださいね!

→【HTML】見出しタグの使い方:h1〜h6はどう使い分ける?

 

また、あなたが使っている

ブログのテンプレートによっても

使える見出しタグが変わってきたりしますよ!

 

 

Cocoonの見出しタグは「H2」から!

たとえば、

無料テンプレート「Cocoon」なら

 

  • H1タグ→記事タイトル(自動で設定される)
  • H2タグ以下→ブログ記事(見出しで設定する)

になるのですが

 

アンリミNEOの見出しタグは「H3」から!

アンリミテッド・アフィリエイトNEOについてくる

専用WordPressテンプレートの場合は

 

  • H1タグ→メインキーワード(外観→詳細オプション→H1タグ)
  • H2タグ→記事タイトル(自動で設定される)
  • H3タグ以下→ブログ記事(見出しで設定する)

だったりします。

 

なぜ、テンプレートによって

使える見出しが違ってくるのでしょう?

 

 

使える見出しタグは「テンプレート」によって違う!専門サイト?ごちゃまぜブログ?

どうしてブログのテンプレートによって

選択できる見出しタグが異なるのか?

について、ちょっと補足しておきますね。

 

見出しタグは数字が小さいほど

サイト内での重要度が上がるのですが

 

これは、運営しているサイトが

専門サイトなのか?

ごちゃまぜブログか?

によって、キーワードの重要度が異なってくるからなんですね。

 

 

専門サイトの場合「サイト全体」でキーワードを狙う

専門サイト(特化ブログ)なら

テーマを1つに絞りますよね。

 

そこで、サイト全体で

H1タグ(メインキーワード)を設定することで

 

うちのサイトではこのキーワードがとっても重要なんですー!

とアピールすることができるんですね。

 

 

ごちゃまぜブログの場合「記事単位」でキーワードを狙う

これが、ごちゃまぜブログだと

ブログ全体でみるとテーマはバラバラですよね?

 

だから、個別記事単位で

狙うキーワードを設定していくんです。

 

サイト全体にH1タグを入れない代わりに

記事タイトルごとにH1タグを設定していくことで

 

ごちゃまぜブログの記事でも、検索結果に出やすくなるんですね。

 

 

りあこブログも、テンプレート変えようかな・・・汗

そして、私も

うすうすは気づいていたのですが…

 

あきらかに、私のブログ「ごちゃまぜ」なんだよね。

テンプレートが実態に合ってないんですよね。

 

現在、りあこブログは

以前アンリミで限定販売されたテンプレートを使っていて

 

一応、アフィリエイトの話をメインに

お届けしてくブログの予定だったのですが…

 

好きなことを、話したいことだけ話していることもあって

 

アフィリエイトの話より

PTA役員の記事の方が

だんぜんアクセスが多いんです(^^;

 

あきらかに、ごちゃまぜブログですよね(笑)

 

テンプレート変えようかな~

でもめんどくさいな~

途中で変えちゃマズイのかな~

でもたいしてアクセスあるわけじゃないしなんとでもなるしどーにでもなるか~

 

・・・気が向いたら、テンプレ変えるかもでーす。

 

3つの特典プレゼント
アーカイブ
カテゴリー
ココから検索できますよ

→ すべてのブログ記事一覧はこちら

→ ブログを続けるのが辛くなったあなたへ
(すっかり自信を無くして落ち込んでいる方に向けてお話ししました)

ブログに自信がない

りあこ個別サポートの詳細・感想

ページの先頭へ